私がなぜ民主党を離れたか

離党の経緯と今後の政治活動について

これまで、首藤信彦の政治活動に対して一票を投じ、あるいはさまざまなご支援をいただいた 有権者の皆さま

そして、古い政治を変え、誰もが安心して働き、家族とともに暮らし、未来を創る子供たちを育てていける、より公平で開かれたな社会を実現する。この、民主党のヴィジョンを信じ、党へのご支持をくださった 党員・サポーターの皆さま

今日までの皆様のご支持、ご支援に深く感謝するとともに、首藤信彦が民主党から離党するにいたった経緯、および今後の政治活動について、ご説明いたします。

すべての有権者の皆さまへ

民主党との決別および今後の活動について

ー神奈川県庁 11.11.2013 離党会見から

 

1.離党報告

 私儀 首藤信彦(すとうのぶひこ)は10月30日の日付をもって民主党に離党の意思表示を行い、11月6日に民主党本部にて大畠幹事長および中川副幹事長と面談、同日に神奈川県連に離党届を提出いたしました。

 1996年の旧民主党結党に参加してから17年間、民主党神奈川県第7区総支部長また衆議院議員として三期の間、日本の政治行政改革、外交、地域の安全などに取り組んできましたが、今後は党を離れ、一人の政治家として引き続き神奈川7区(港北区・都筑区)で活動を続けてまいります。

 

 

2.離党にいたるプロセス

 私は、巨大な組織や利権地盤を持たず代表せず、研究者・教育者あるいはNGO活動家としての経験をもとに政治に参加したところから、県下のみなさんからよく「もっとも民主党らしい政治家」「民主党の良心」とも言われることもありました。その私が今回離党を決断したのは以下の理由です。

 

 昨年末の衆議院選挙で民主党は多くの議員を失いましたが、私を含め、リベラルな政治家へのダメージはとりわけ大きかったと感じています。果たしてあの選挙時期が適切であったかどうかは別として、すでに民主党内では、私が取り組んだ反TPP、脱原発、消費税慎重の三つの大きな争点とグループに対し、保守派を中心とする執行部との確執が致命的なレベルに達し、もはや政党としての体をなしていない状態に陥っていたことは事実です。この時期多くの同僚議員が民主党を離れましたが、それはまさに官僚と保守層の喜ぶところであり、私はたとえ民主党が野党に転落しても、政治の正道を守るために残留を決めました。

 しかしながら、選挙後に野党となった民主党は、右傾化する安倍政権と利権政治回帰の与党に対峙することなく、むしろ、自公政権の補完勢力のような政治行動・議会運営に終始しているように思われます。それは地方政治でも同様で、首長選挙における自公民相乗り選挙がその典型です。民主党執行部は党再生の鍵を国民ではなく、長年議席を維持している地方議員に求めていますが、その結果がこのような自公および行政との癒着そして国民からの拒絶を生むことになりました。

 さらに、最近では日本版NSC設立などに関しても、右傾化する与党への協力姿勢が顕著です。東アジアに武力衝突の可能性すら高まりつつある現在、そうした民主党の安倍政権への妥協・容認姿勢はもはや看過できないものがあります。

 

 1990年代に自民党腐敗政治に対して立ち上がった、さまざまな社会各層・リベラル勢力の総結集であった民主党の政治基軸は揺らぎ、理念は形骸化し、保守的な政治信条を持つグループと労働組合を背景とするグループの並存する保身的な政治集団に堕してしまったのが現在の民主党の実態です。

 このような状況にもかかわらず、これまで離党に踏み切らなかったのは、一つに私自身が民主党を創った者の一人であり、市民に対する責任を考えれば、外部に出て第三者的に批判するより、民主党を少しでも内部から改革し、本来あるべき路線に戻すために努力を傾注する必要があったことです。そして、第二にはこの夏の参議院選挙において、全国比例区のツルネン・マルティ候補の選対本部長としての責任感であったと考えます。

 しかし、その参議院選挙では多様な人材やリベラルな政治信条を持つ候補者の議席を確保することができず、比例当選者はほとんどが組織候補というように、民主党の組織が保守勢力と労組勢力の並立状態に陥るのを加速する事態となりました。さらにまた、地域においては、地方議員の保守化・保身化は著しく、行政と癒着し、あるいは第二自民党化し、ここでも社会改革の旗手としての民主党の存在意義は失われてしまいました。このような状況下では、もはや変質し変容した民主党に残留する意味も意義もなく、離党を決意したしだいです。

 

 最後に、今回、世間的には離党ということになりますが、私自身の基本的な政治スタンスは民主党結党時以来、何ら変化しておらず、むしろ民主党こそが結党時の精神と歴史的意義を喪失し、日本の政治改革の場から勝手に退出していってしまったのが実態であり、私は現時点で最終的に、そのような民主党と決別いたします。

 

 

3.今後の活動

  • 民主主義の機能不全

 現在、日本の民主主義システム自体が、多くの欠陥と機能不全を抱えています。前回衆院選・参院選ともに定数是正の無い違憲状態のまま強行され、すでに衆院選については選挙そのものを無効とする地方裁判決がでています。その後の参議院選挙についても多数の違憲訴訟が提訴されています。このような違憲状態、無効判決の下、国民の多数ではなく少数で選ばれた議員による自公政権は衆議院議席の過半以上を占め、国会でのチェックの利かないまま、日本版NSC,原発輸出、秘密保持法、TPPを推進し、近隣諸国との緊張を高めています。要するに、この国ではすでに民主主義自体が機能不全に陥っているのです。

 

  • 社会と国民の衰退

 日本は一応、民主主義国家ということになっていますが、学校においても政治教育がなされず、家庭においても民主主義を論じることはない。選挙は人気投票になり、その瞬間瞬間のマスメディアに煽られた結果となる。大手新聞・TVなどのマスコミ各社も政府を批判せず、テレビ報道はワイドショー中心となり、社会の真実は芸能のレベルでしか伝えられない。派遣や限定社員など労働条件の極端な悪化にもかかわらず、労働組合はストライキを行わない。若者は単なる消費者となり、政治に無関心。その一方で、格差社会が拡大し、財政は悪化の一途。知識人や選良は政治の世界から駆逐。我々はこうした日本社会と国民の衰退と劣化の現実を直視する必要があります。

 

  • 今後の活動:草の実運動

 1990年代は冷戦構造崩壊を受けて、日本社会がようやく政治の改変に取りかかった時期でした。そのとき立ち上がった、さまざまな市民グループ、学者、ローカルパーティや社会組織の総結集として、民主党が1996年に形成されたわけです。後に自由党等との合併を経て政権党となったわけですが、前述のごとく、今後の進路はもはや閉ざされています。

 それならば、ここで再び原点にもどり、広範な市民各層によびかけて、新しい政治運動をつくり出していきたいと思います。政治には草の根民主主義という概念がありますが、結局それは日本には存在しないことがわかった以上、民主主義砂漠の日本社会にまず草の実を蒔いていくことから始める必要があります。それを迂遠という人は、日本社会の病理の深さと深刻さを直視していないというほかありません。

 具体的には、ともかく政治を支える国民と政治を担う者を新たに構築しなおす必要があります。社会に対しての啓蒙活動と同時に、具体的に政治を担う老若男女を育てていかなければなりません。一般的な政治スクールだけでなく、これからの社会を長期的に担う若者を育てるために、まず高校生に対して政治教育の場を作りだしていくつもりです。

 

 同時に、これまで政治に関心があっても具体的な活動にまで結びつかなかった、若者、主婦層、高齢者、いそがしすぎるサラリーマン・OL、子育て世代の皆さんにも、それぞれが社会のステークホルダーとして政治の正確な知識と情報を獲得し、自ら考え、判断して政治参加できる仕組みを考案していきたい。

 私は、これまで政治の世界に20年ほどいますが、この世界ほど、人材に欠けているフィールドはありません。何でこんな人ばかりが政治家をしているのかと嘆息するだけでなく、国政においても地域においても、そして世界にむけても、新しい政治を担う人材を発掘し、彼らが育ち、やがては日本の政治を担えるように、日本政治の土壌改革に取り組んでいく覚悟です。                              

 

「市民政治バンド」代表 首藤信彦 

 
 

すべての有権者の皆さんへ

民主党との決別および今後の活動について

ー神奈川県庁 11.11.2013 離党会見より

 

民主党員ならびにサポーターの皆さまへ

民主党神奈川県第7区総支部長活動の終了と

新しい政治改革の実現にむけたご挨拶

ー11.20.2013 総支部長離任のご挨拶から

 

拝啓

 

 今年の異常気象には私たちの日々の生活も大きな影響を受けましたが、さらに報道されるフィリピンの台風被害惨状について皆さまも心を痛められていると推察いたします。あらためて地球環境への取り組みも、地域での災害対策もすべて政治の責任にかかってくると問題意識を新たにしています。

 

 さて、私儀、すでに新聞等で報じられているとおり、このたび民主党を離党いたしました。民主党結党時より17年間、民主党当初メンバーとしてまた神奈川7区代表として、党員の皆さまサポーターの皆さまと共に党勢拡大そしてなによりも政治改革に取り組んでまいりました。これまでの皆様の絶大なるご協力に心より深謝もうしあげます。

 

 しかし、私自身も落選した昨年の衆議院選挙以来、野党となった民主党は「正しい政治」「公正な社会の実現」を目指して歩を進めるというより、与党時代の一度手にした利権が忘れられないのか、誕生した安倍政権と自公政治への癒着・協力姿勢が顕著となりました。

 しかるにその安倍政権は経済的には虚妄のアベノミクスや日本の国のかたちを変えてしまうTPPの推進、原発推進再開、外交防衛面では近隣諸国との摩擦、日本版NSCや秘密保護法、さらには憲法解釈変更によるアメリカの戦略下での自衛隊海外派遣推進、更には教育の復古化など容認できないものがあります。

 

 民主党の現執行部にも厳しく意見具申を繰り返しましたが、もはや聞く耳を持たず、また国政・地方議員も保守・保身の姿勢に汲汲とする有様で、20年間にわたり、この港北区・都筑区の地で新しい政治を作ろうと活動してきた私としては、もはや我慢の限界を超え、ついに離党にいたりました。

 私に続いて鈴木寛前参議院議員などいわゆる「民主党らしい議員」がつぎつぎと離党していることを考えると、民主党結党の理念であったリベラルな政治、公正な社会実現のために活動してきた議員は皆おそらく同じ心境であると推察します。

 

 私の民主党離党に伴い、神奈川7区の暫定代表は県連代表の金子参議院議員が代行することになり、今後の民主党関係の連絡や案内などはその暫定総支部から送られることになります。従い、民主党のニュースレターも私の手元からお送りしるのはこれが最終となります。今後、民主党へのご意見や連絡などもその暫定総支部にお伝えください。 

 また私は民主党を離党しますが、政治改革、災害対策、教育改革、平和の実現など私がこれまで取り組んできた政治課題に関しましては一切変化がございません。それどころか、混迷を極める世界と日本外交の破綻、せまりくる地域社会の危機に関して、これまで以上に皆さまと一緒に、この港北区・都筑区をベースとして政治活動に取り組んでまいります。  

 

 最後に、これまで民主党神奈川7区代表 首藤信彦へのご支援ご協力をいただいた民主党員ならびにサポーターの皆さまに再度御礼申し上げ、民主党神奈川7区総支部長活動の終了と新しい政治改革への旅立ちの挨拶とさせていただきます。

 

 

前民主党神奈川県第七区総支部長 首藤信彦 

NOBUHIKO SUTO & His BAND

DEMOCRACY FOR TOMORROW

 

© 2014 by Sutoband.info(首藤信彦&市民政治バンド)

Follow Us
  • Facebook Black Round
  • Twitter Black Round
  • YouTube Black Round
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now