MH370副操縦士の携帯コールは何を意味するか?

2日間の空白の後に、CNNがニュース化したMH370が謎の転回をしてマレー半島上空を横切るときに、副操縦士が携帯コールしてきたというニュースは実は2日前にマレーシアの地元紙が掲載し、日本でも共同などがニュースとしていたが、不思議なことに、日本の主要紙もBBCもCNNも一切取り上げてこなかった。

といことは、ガセネタなのかな?と思っていたが、今日、CNNがアメリカ側の調査員からの報告としてニュースでとりあげた。ということは、正式情報ということだ!それは、状況として、何らかの全面通信障害が発生し、機長は緊急着陸のためにユーターンし同時に携帯電波が通じる高度まで急降下したという、まったく合理的な行動になる。

仮にこれを事実とすると、次は30分もコールがあって、ハンドシェイクを求めているのに、なぜペナンの基地局は反応しなかったのか?会話はなかったのか?なぜそれをいままで黙っていたのか?・・・・・つぎつぎと疑問が浮かび上がってくる。それは状況を機体を製造したボーイングが説明すべきだ。トランスポンダーの電源が切れて、通信も途絶えて、それでも飛び続けることのできる条件は何か?通信と飛行制御の電気系統が異なっていれば可能なはずだ。なぜボーイングが沈黙しているのか理解に苦しむ。

もう一つの疑問は、UターンしてきたMH370にマレーシア空軍がスクランブル発進したとの報道だ。これもガセネタ扱いで消えてしまった。やはり、マレーシア政府の姿勢が問題だ。だんだん政局化しそうな煙が立ち上ってきたのを感じる。

○参考リンク

Malaysia Airlines Flight 370: Co-pilot's cell phone was on, U.S. official says (CNN)

edition.cnn.com/2014/04/14/world/asia/malaysia-airlines-plane/index.html?hpt=hp_t1

#mh370 #マレーシア

Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
まだタグはありません。
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

NOBUHIKO SUTO & His BAND

DEMOCRACY FOR TOMORROW

 

© 2014 by Sutoband.info(首藤信彦&市民政治バンド)

Follow Us
  • Facebook Black Round
  • Twitter Black Round
  • YouTube Black Round
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now